一般歯科、歯周病治療、予防、審美歯科

 
  医療法人 豊生会 山田歯科
〒590-0132 大阪府堺市南区原山台1-6-1-101
 
診療案内・アクセス 医院内紹介 治療の流れ かみ合わせ 歯周病 予防プログラム 審美歯科 全身美容 訪問診療 山田歯科だより トップページ
虫歯編 虫歯編 欠損歯編 
C1,C2の治療 C3,C4の治療 つめもの かぶせ物 ブリッジ 入れ歯

C1,C2の治療

C1の虫歯 C2の虫歯
初期の虫歯で、エナメル質か、わずかに象牙質の表面が侵された程度のもの。ほとんど自覚症状がないので、放っておきがちですがこの程度の時に治療をすれば痛みもあまり無く、簡単に終わります。虫歯は見た目より大きく深く進行しています。 C1の虫歯 虫歯が象牙質の大部分まで進行したものです。神経までは達していません。甘いものを食べると痛みを感じたり、冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れます。この時点で治療をおこなえば神経をとらずに済みます。
一刻も早く治療しましょう。
C2の虫歯
神経の保存が可能
患者さんの病状によって治療方法は異なる場合がありますが、
一般的な治療の流れをご紹介します。
■ムシ歯になった部分を取り除きます。
歯を削ると刺激が象牙質の細い管を通って神経に伝わるので痛みが生じます。虫歯が浅いうちに治療すると痛みが少なくて済みます。どうしても、痛む場合は、局所麻酔をして、痛みなく治療できるようにします。
■虫歯が深い場合は覆罩(ふくとう)処置をします。
虫歯の深い個所は神経に近いため、神経を保護する薬剤を詰めます。虫歯が深い場合、神経が驚いて、治療後に痛みが残ったり、しみたりする場合もありますが徐々におさまってくるでしょう。痛みがひどくなる場合は必ず歯科医師に相談してください。

つめる方法1

レジン充填(プラスチックの樹脂をつめる)

つめもの

つめる方法2 インレー

インレー(型とりをして、つめものを装着する)

つめもの

かぶせる

欠けている歯冠の一部または全部を人工物で補い正常な状態を回復します。

装着物を長持ちさせるためにはその後のお手入れがとても大切です!!

かぶせ物

このページの先頭へ

診療案内・アクセス院長紹介・院内紹介一般治療の流れかみ合わせ治療歯周病
予防プログラム・ハッピークラブ審美歯科全身美容訪問治療患者様の声
〒590-0132 大阪府 堺市南区 原山台1-6-1-101 医療法人 豊生会 山田歯科 堺市 歯科 予防歯科 歯周病治療
Copyright(C) 2003 YAMADA Dental Clinic All Rights Reserved.