一般歯科、歯周病治療、予防、審美歯科

 
  医療法人 豊生会 山田歯科
〒590-0132 大阪府堺市南区原山台1-6-1-101
 
診療案内・アクセス 医院内紹介 治療の流れ かみ合わせ 歯周病 予防プログラム 審美歯科 全身美容 訪問診療 山田歯科だより トップページ
在宅診療 専門的口腔ケア 摂食・嚥下リハビリテーション
訪問歯科診療を通じて「地域に愛され、信頼される」歯科医院をめざしています。
摂食、嚥下リハビリテーション

飲み物や、食べ物がうまく飲み込めなくなったり、
まちがって肺の方へいってしまったり(誤嚥)することを摂食・嚥下障害と言います。

食事の際のチェックポイント
・よくむせる ・のどに詰まる ・口から食べ物がこぼれる ・よくせきこむ
・痰がからむ ・口の中に食べ物が残る ・食事時間が長くなった ・飲み込んだ後、声が変わる

このような項目がいくつか当てはまる場合は、摂食・嚥下障害が疑われます。
摂食・嚥下リハビリテーションを受けてください。

(1)間接訓練…摂食・嚥下体操やアイス・マッサージ等食べ物を用いないで行なう訓練。

(2)直接訓練…嚥下食等、実際に食べ物を用いて行なう訓練。

写真1 写真2

“口から食べる”ということに、障害を持っておられる方に、口腔リハビリテーションを通して、
“家族や仲間と共に楽しく食事ができ、より豊かな生活が送れるように支援する”ことを目標にしています。

症例

I.Kさん

最初は、部分入れ歯が壊れたので、治して欲しいというご依頼でした。I.Kさんはほとんど、寝たきりの状態の生活でした。
入れ歯の修理をするのも、10分程、座位をとってもらうのが限界でした。また食べることにも非常に苦労されておられました。そこで、入れ歯を修理して、咀嚼機能(そしゃくきのう)(噛むこと)を回復させるだけでなく、“食べる”という能力を回復させる為の口腔リハビリデーションも、行いました。
口腔リハを行い、段々食べることが安定してくると、体力が日増しに回復すると同時に、それが“生きる”という気力にもつながり、相乗効果でよい方向にむかいました。そして、初診から6ヶ月経ったときには、介助があれば診療所まで歩いて来て頂けるところまで回復し、めざましいQ.O.Lの向上がみられました。

このページの先頭へ

診療案内・アクセス院長紹介・院内紹介一般治療の流れかみ合わせ治療歯周病
予防プログラム・ハッピークラブ審美歯科全身美容訪問治療患者様の声
〒590-0132 大阪府 堺市南区 原山台1-6-1-101 医療法人 豊生会 山田歯科 堺市 歯科 予防歯科 歯周病治療
Copyright(C) 2003 YAMADA Dental Clinic All Rights Reserved.